cialis buy viagra valium online
20. 8月 2013 · コメントは受け付けていません。 · Categories: 未分類

私は小豆原材料を多く扱う仕事をしています。そのため、何年かに一度は、栽培地の確認に行くことがあります。
基本的には現地に派遣しているスタッフに管理を任せているわけですが、マンネリにもなってきて、自分たちでは良くない点が気が付かない状態になる場合があります。ですから、たまには違った角度から現地を確認することが必要になるわけです。
小豆の産地というのは主に北の地域で栽培されています。
天津よりも北の地域です。
そのほか吉林省、そして、最大の生産地は黒龍江省です。
特に旧満州といわれる東北地帯一体で栽培されています。その農場には、旧日本軍がつけた番号がそのまま農場の名前になっており、856農場などと同じような番号がいったいにつけられているのです。非常に広い農場で見渡す限りに小豆が栽培されている風景は圧倒されます。
近くには、大豆、とうもろこし、米といった植物が植えられており、農業の町という感じでした。ところどころに、収穫物の集積所が設けられ、そこに仲買人たちが集まって、購入の手続きをしていました。昔はこれらの原料も買い手市場だったようですが、最近では農民たちも余裕が出てきたようで、市場の価格動向を見て、高値の時に販売するという手法をとるようになり、価格も上昇傾向にあります。それでも、10年前あたりから騒がれるようになった中国食材の安全性に関する危惧が高まっていたことを受けて、栽培地ではしっかりと管理体制が出来上がっていました。
自分が栽培している小豆についてはもちろんですが、周りでどのような植物が栽培されており、どのような農薬をいつ、どれくらいの量を使用したかもわかるようになっています。
残留農薬検査についても、決まりきった項目をするわけではなく、小豆に使用した農薬、周りの栽培物に使用した農薬が含まれていることを確認した上で、検査を行うようにしています。ここまでできるようになっているので、原料の安全性はさらに高まってきています。

cialis buy viagra valium online cialis viagra online buy valium online